レジのタイプ

レジには2つのタイプがある

お店などの会計を行うにはレジが必要です。電子レジスターは、会計を行うために計算する機械です。家電量販店やホームセンターなどで、安いのでは1万円台から売られています。1日の合計売り上げや分類ごとの売り上げを把握することができ、ボタンの数も少なくて取り扱いしやすいですが、機能が少ないです。 POSレジは、電子レジスターの機能に加えていつ、誰に、どの商品が、どれだけ売れたなどの多彩な機能がついています。ちなみに費用は数十万円かかります。パソコンを使って、レシートプリンタなどを接続するタイプや電子レジスターのようにフルセットで入っているものがあります。 POSは分析機能を使って顧客にDMを送ったりと、販促に売り上げデータを活用することができます。

アプリが注目されている

今、iPadをレジにできるアプリが注目です。iPadを導入するメリットは、料金が安い、iPadなので場所をとらない、クラウドなのでどこからでもデータを確認できる、モバイル決済システム等と連携することができるなど、さまざまなメリットがあります。 スクエアは、モバイル端末を決済システムとして利用できます。またレジとしての機能も兼ね備えています。売り上げの管理、商品メニューの設定など基本的な機能はすべて揃っています。 Airレジは、初期費用も月額費用も無料のアプリです。会計、売り上げ管理などPOSの機能を全て持っています。またモバイル決済システムのスクエアとも連携しているので、クレジットカード決済を導入することができます。